イメージ画像

安全で素早くお金を借りたい方は必見。ネットからパソコン、スマホで24時間365日申し込める金融機関をご案内。

ネットから申し込んでお金を借りる

私たちが生きていく上でお金を借りる、という場面が多くの確率で出てきます。 それは一般の人だけではなく企業も同じですが、出来れば得られる収入の範囲の中で 全てをまかなえればそれが理想的です。 大きな買い物、例えば家を建てたり車を購入したり子供の学費であったり様々な場面で 多額の費用がかかる時が生涯の中で出てきます。 そんな場面でお金を借りるという行為が発生してしまうのですが、お金を借りると一言で 言ってもそこにはいろんな方法があります。

金融機関で言えば銀行や信用金庫・貸し金業者である消費者金融や信販会社が存在し、 その他にも身内や友人・知人から借りるという場合も当然選択肢としてあると思います。 小額のお金で短い期間必要なお金であれば、身内や知人などから借りるという方法が ベストかも知れません。 そういう場合の貸し借りにおいては、利息がつくケースは少ないと思われるからです。 しかし金融機関からお金を借りるという事は、利息が発生するというデメリットが出てきます。 借りる金額又は内容により申し込むローンの中で金利の設定は異なりますが、必ず利息は発生 するのです。 お金を借りる、つまり借金をするという行為は借りた以上のお金を返すという事実を必ず頭に 置いておかなければいけません。

中には借りたお金を返せなくなり、債務整理という手段を使い借金を減額又は帳消しにすると いう人も存在します。 特に2006年の貸金業法の改正前までは債務整理が社会問題となり、それに歯止めをかけるべき 改正されたのが貸金業法で改正により債務整理自体は少なくなったのですが、現在では借金をする 事自体が非常にシビアな状態になっているのが実情で、消費者金融などでも中々融資を受ける事が 出来ない人もいるのが実情です。

返済出来なくなり債務整理となった人は、借りる時にどれだけ返済が出来るのかどうかという点を ほとんど考えなかったのではないかという懸念もあります。 また貸す側にとっても個人がどのぐらいの債務があるかは、信用情報機関の情報により分かっている ハズなのにそれでも貸付を行い利益を得ようとした問題も存在すると思われます。 お金を借りる事という影に隠れ、お金は借りれば返さないといけないという誰でも理解出来る様な 基本的な本質が見落とされている様な気がします。 お金を借りるという行為自体に責任を持ち、借りる前にまず返済の計画を立てるという意識を持てない限り、 簡単にお金を借りるのは避けた方が良いかも知れません。

その次に考えるべき事が、どこからどうやってお金を借り入れするのかという問題で、 借りれればどこからでも良いというのでは全く計画性がありません。 同じ100万円を借りるのでも、年利が15%の所と7.5%では1年で利息の額が 倍違ってくるのです。 特に長期間の返済が考えられる車のローンや住宅ローンにおいては、この利息というものが後の 返済に大きく影響を与えてきます。 またローン商品の中には、金利の変動制・固定性などがあり景気の動向により金利が上がったり 下がったりするケースもあります。

お金を借りるという行為は非常に難しく、細かい部分まで調べて慎重に検討しなければならない 行為なのです。 現在お金を貸すという金融機関において、銀行や信用金庫などは審査が非常に厳しくなっています。 銀行や信用金庫などは貸金業法の定める総量規制対象外の融資が行える金融機関であるので、 融資する際には大きな額を融資する可能性が多く審査は厳しくて当たり前と思った方が良いでしょう。 一方で社会問題となった消費者金融等の貸金業ですが、こちらは総量規制の対象となり年収の3分の1 までしか融資は行えません。 2006年まではかなりの勢いがありましたが、過払い金の請求が社会的に認知された後姿を消した 消費者金融がたくさんありました。

さてお金を借りる色々な方法についてですが、冒頭でも述べた様に銀行・消費者金融・個人的・ 国などあらゆる方法が存在します。 また同じ貸金業であっても、ヤミ金などの悪徳業者も存在し社会問題となっているのはご周知 だと思います。 お金を借りる場合においてはそれぞれの特徴があり、借りやすさから言えば消費者金融や 信販会社の様な貸金を専門としている業者が挙げられますが、利息が高いというデメリット があります。 その逆に借りにくい、審査が厳しいけど利息が安い銀行があり個人の状況により、何を選択 するのかは変わってきます。

また借りる人の立場で固定収入のある会社員・収入のない人・学生・年金生活者など、自分の いる社会的な立場においても借り方は変わってくるでしょう。 他にも国や自治体が生活困窮な立場にいる人を対象とした、支援目的の融資もあります。 この様にお金を借りる方法は多数ありますが、誰でも平等に借りれる訳ではなく貸す側の基準に 合うか合わないかでお金を借りる行為が成立していきます。 どこからも借りる事の出来ない弱者を狙って、悪徳業者であるヤミ金はお金を貸す実態があり ヤミ金に苦しめられている人が多数存在するのも事実です。 個人的に借りるのも、お金を借りる事に変わりはありませんが、個人間では人間関係に問題が 生じるケースも考えられ、いずれにしても借金をする事にはリスクが付くのが当たり前と思った 方が良いと感じます。

だからお金は借りない方が1番良い、というのは誰もが思うのですが借金をしないで一生生活 出来る人は、これだけの国民がいる日本でもほんの一握りではないかと感じます。 そのくらい所得は下がり、一方で支出は増える事が多いのです。 いざという時の貯蓄を出来る余裕はなく、現在も苦しんでいる人達の中でお金を借りるという 選択をする人は後を絶ちません。 しかし考えなければいけない基本は借入と同時に返済があるという事で、同じお金を借りる 場合でもきちんとした計画の元にお金を借りるというのが原則になるのではないでしょうか。

様々なお金を借りる方法の中で、いかに自分にとってリスクが低い状態で借りる事が出来る のかを検討する事が出来ればお金に関しての失敗は避ける事が出来るでしょう。 借りるという事が決して悪いのではありません。 自分に合ったお金の借り方を学ぶ、考える事が重要な事なのです。

このページの先頭へ